ツバメの季節

 

2015-1180302

ソメイヨシノの季節が終わったと思ったら、八重桜の季節がやってきました。

ニュータウンでも、コミュニティ広場脇に8本ほどの八重があり、いまちょうどたわわな花が満開状態です。ほかにさくら通りにも八重があり、日々の散歩をする人々の目を楽しませています。

2015-1180304

この桜が散り始めるころは、そろそろゴールデンウィークであり、麓の修禅寺温泉街にも、新緑を求めてあちこちから大勢の観光客が訪れます。この間、この町はどうか、といえば、その喧騒に巻き込まれることなく、いつものように全く静かでしょう。ただ、ここを通って戸田方向へ抜ける市道は、温泉側を走る県道18号よりも広くて快適なため、週末には、それなりの交通量もあります。

ちなみに、ニュータウンへは、ここが終点のバス(東海バス)が修禅寺駅から運行されているほか、戸田行きのバスもその入口で停車します。一日の運行数は片道7~8本ですが、それでも伊豆の多くの町ではバスすら運行されていないところも多く、この交通手段があるがゆえに、ここへ越してきたという人も多いようです。

2015-1180292

ところで、先週くらいから気が付いていたのですが、今年もまたツバメが帰ってきているようです。

日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾やフィリピン、マレー半島、ジャワ島などのようですが、今年もまたこれらの地から遠路はるばる帰ってきたわけです。ご存知のとおり、集団で民家内や軒下に住みつき、草で作った巣をつくります。

泥と枯草を唾液で固めて造るわけですが、ニュータウンのあちこちのお宅でもツバメの巣を持っているお宅は結構あります。昨今、全国的にツバメの減少が起こっているといわれますが、この地はツバメの餌となる虫類が生息する湖沼や田んぼが多いためか、いまだツバメの宝庫です。

人間がつくる穀物を食べず、害虫だけを食べてくれるだけに、「益鳥」として古くから大切にされてきましたが、また人の出入りの多い家にだけ巣くうことから、商売繁盛の印ともなっています。また、ツバメの巣のある家は安全であるという言い伝えもあり、巣立っていった後の巣を大切に残しておくご家庭も多いようです。

巣の近くの電線などに留まり、「チィチュロリ、チュリチュリ、ジュリリ」など、時折、濁った声を混ぜながら早口に囀る様は、たしかにかしましくはあるのですが、この町の毎年の風物詩でもあり、その姿をみると、今年もまたもうすぐ夏がやってくる、と感じられるのです。

新緑もだんだんと増えてきました。来週末にはもっと鮮やかな緑になることでしょう。

2015-1180297

 

祝50年!

50年

少し前の話題になるのですが、先月の3月29日、修善寺ニュータウンの自治会は、年度末恒例の総会を開きました。

26年度の活動報告と決算報告、ならびに27年度の活動計画・予算計画の了承を住民から得ることが目的ですが、この日も自治会員のうちの100人近い人が集まり、盛況でした。了承のためにはおよそ250戸の自治会加入者の一定割合以上の参加が必要ですが、この日参加できない方も委任状による投票ができるため、これを加えて無事総会は成立し、議案もすべて了承されました。

高齢化が進んでいるとはいえ、毎年こうした安定した自治会運営が行われていることは喜ばしいことであり、そうした健全な状態が住民の間で長い間維持されているということは、住民の安心につながるだけでなく、ここへの移住を考えていらっしゃる方にも期待を持っていただくメッセージになり得るかと思う次第です。

ちなみに、この日の総会では修禅寺ニュータウンの創設から50年を記念した「記念誌」が参加者全員に配布されました。無論、参加者だけでなく、参加できなかった方も含め、当町に住まう全員に配布される予定であり、また他県などに住まう別荘利用者にも送付されます。

その内容はまた折につけ、このブログでも発信していきたいと思いますが、50周年の根拠は、昭和39年(1964年)までに造成が終り、この年初めて大口利用者への分譲が開始されたことに由来します。一般世帯などの小口利用者への分譲は昭和41年(1966年)からとなっていますが、その中間である今年、その記念誌を発刊するよう自治会役員さんが決めたようです。

いまのところ記念式典といったものが開催される予定はないようですが、今年は戦後70年の節目の年でもあり、住人の方々も半世紀にも及ぶ歴史を持つことになるこの町のアニバーサリーを改めて祝ってやろう、という気分になっているのではないでしょうか。

ちなみに住民および別荘者以外には配布の予定はありません。が、ニュータウン温泉管理組合や自治会には予備が保管されているため、閲覧は可能です。ご希望があればご連絡ください。

 

桜が満開になりつつあります

2015-1180271

麓の、修善寺温泉街の桜はそろそろみごろになってきたようですが、ここニュータウンの桜は、標高約200mの高台にあるため、ようやく5~8分咲き、といったところです。

メインストリートである、「虹の郷通り」には、みごとな桜並木がありますが、こちらは下の写真のような状況で、満開まではあと2~3日はかかりそうです。

2015-1180280

虹の郷通りの桜

しかし、もうすでに満開状態の桜もあります。通称、「サクラ通り」と名付けられた通りの桜は、下のような状態であり、冒頭の写真のように、サクラ越しに真っ白な富士山も見ることができます。

このほか、ニュータウン近くの桜の名所は、ここからクルマで5分の「修禅寺虹の郷」などがあります。ホームページで確認したところ、こちらもまだ咲きはじめのようで、満開は週末になるのではないでしょうか。

修善寺虹の郷は今年、開園25周年とのことで、以下の日を「スペシャル無料感謝デー」として、入場者無料にするとのことです。

修善寺虹の郷 スペシャル無料感謝デー4月1~3日(水~金曜日)

暖かい季節になりました。早咲きのシャクナゲなども咲き始めているようで、こちらも必見です。この感謝デーに合わせて、ぜひニュータウンの桜も見に来てください。

2015-1180284

2015-1180276

サクラ通りの桜

 

 

富士マイカー登山

2015-

8月も終わりに近づいてきました。富士登山のシーズンもそろそろ終わりに近いということもあり、夜間に富士山方向をみると、弾丸登山客らしい人々のヘッドランプの行列が延々と頂上にまで連なっています。

ここ、ニュータウンもここから富士山が見えるくらいですから、直接5合目まで行って、登ってくる、という猛者も多いようです。だいたい、ここからだと、1時間はかからずに各登山道の入口まで行けるようです。

しかし、歩いて富士山に登ることのできるシーズンもそろそろ終わりということで、これから先は、クルマで五合目まで行くことしかできなくなります。

それにしても、富士山にクルマで登れるルートっていくつあるんだろう、また、冬になったら閉鎖されるんだろうが、いつまで登れるんだろう、と気になったので調べてみました。

すると、まず、登山口としては、吉田口、河口湖口、富士宮口、須走口、御殿場口の五つがあるようです。

吉田口というのは、富士山北西部にある富士吉田市から延びる有料道路、「富士スバルライン」の起点で、河口湖口というのは、同じく富士スバルラインへアクセスする道路が河口湖付近から出ているのでそう呼ばれているだけで、実質、この二つの登山口から登るルートは一つで同じです。

富士宮口というのは、富士山の南西部に位置する富士宮市から北東へ延びる、県道180号線の起点で、ここを発するルートは、通称「富士スカイライン」と呼ばれています。また、富士山南東部の御殿場口から延びる県道23号線(途中から県道152号線)も「富士スカイライン」と呼ばれていて、このふたつは富士山のほぼ真南にある「十里木高原」付近でぶつかりあい、ここから一緒になって北へ方向を変え、富士山五合目に向かいます。

この合流点から、富士山五合目までは、県道152号線という名称になっていますが、これも通称は「富士スカイライン」です。富士宮口からの180号線も富士スカイライン、御殿場口からの23号線(途中から152号線)も富士スカイライン、なので、ややこしくて仕方ありません。

実は、御殿場市と富士宮市を結ぶ区間と、この途中から富士山五合目まで向かう道路は全部合わせて、「表富士周遊道路」と呼ばれ、かつてのその愛称が「富士スカイライン」でした。かつては有料道路でしたが、公団の債務が完了したので、県に払い下げられ、無料区間になりました。

御殿場と富士宮を結ぶ区間を「周遊区間」と呼び、23号(152号)と180号の合流地点の富士山二合目から新五合目に至る区間は「登山区間」と呼ばれています。富士宮側、御殿場側、どちらから登っても五合目に到着できますから、あとはお住まいの場所次第で出発点を決めていただくことになります。

次の須走口。これは、富士山の東側を南北に走る、「東富士五湖道路(有料)」の須走インターチェンジあたりを始まりとするルートの起点で、このルートは「ふじあざみライン」こと、県道150線です。当然無料。

御殿場口。これはさきほど説明しました。御殿場市内から西へ延びる23号線を辿ると、西から来る180号線とかち合い、ここから五合目まで登れます。

なお、富士山南麓にある「富士サファリパーク」のすぐ北側からは、「南富士エバーグリーンライン」という有料道路があり、これは、東側の御殿場から来る県道23号線まで伸びており、23号線こと、富士スカイラインに合流できます。

その起点には、富士サファリパークや「富士山こどもの国」などのレジャー施設があり、富士市や裾野・三島市あたりから、これらの施設目当てにやってきた観光客を富士山に誘うための道路みたいです。名古屋方面から来る人にとっては、サファリパークなどで遊んだあと、御殿場まで行かずに富士スカイラインに行ける「バイパス道路」的な存在なので、時間を節約したいときは便利かもしれません。

以上を整理し、途中の行程距離、到達できる富士山五合目の高さを調べてみました。以下のとおりです。

吉田口(河口湖口)通称・富士スバルライン(有料) 約30km 2305m
須走口 県道150号、通称・ふじあざみライン、約12km 2000m
富士宮口 県道180号、途中から152号 通称・富士スカイライン、約36km、2400m
御殿場口 県道23号、途中から152号、通称・富士スカイライン約33km 2400m

tozan

出典:フジヤマNAVI(http://www.fujiyama-navi.jp/fujitozan/

だし、吉田口は、河口湖起点、須走口は、富士五湖周遊道路・須走IC付近起点、富士宮口は、富士宮市内起点、御殿場口は御殿場市内起点です。富士宮口起点と御殿場口起点のルートは最終的には同じ場所まで行きますので、到達できる標高は同じです。

こうしてみると、一番距離が短いのは、ふじあざみラインということになりますが、須走へ行くにはどのみち御殿場や富士吉田を通らないといけないので、これらを起点とするとあまり距離は変わらなくなります。しかも、到達できる高さは2000mまでです。この高さだと、関東平野は見えないかもしれませんね。もう少し標高が欲しいところです。到着点の駐車場は駐車可能台数が少ないそうで、注意が必要です。

吉田口の富士スバルラインは、2300m付近まで登ることができます。位置的には富士山のほぼ北側になるので、南アルプス連峰や八ヶ岳などがきれいに見えるらしいです。行ったことがないのでよくわかりませんが、関東地方は見えないのではないでしょうか。マイカー規制のない週末は大渋滞を起こすことがあるそうなので、行くなら平日がよさそうです。

富士スカイラインは、一番高い標高までクルマで登れて、しかも無料というのがうれしいですね。しかもこの標高、2400mは自家用車で行ける日本最高地点だそうです。アクセス距離はそれなりに長くなり、ロングドライブになるでしょうが、おそらく眼下には駿河湾や伊豆半島が一望に見えるのではないでしょうか。もしかしたら、箱根山も見えるかも。

新五合目には約500台分の無料駐車場や、トイレ・土産物売場・食堂などの施設、山麓とを結ぶ登山バス(富士急)のバス停があるそうです。ただし、この登山道、一応全線二車線なのですが、中盤辺りからヘアピン状のカーブが連続するとかで、運転には注意が必要です。また、この道路も週末は大渋滞を起こすことがあるそうなので、これを通るならば、行く日を選んだほうがよいでしょう。

ちなみに、「五合目」と呼ばれているのは、富士スバルラインの終点だけで、富士あざみラインと富士スカイラインの終点は、どちらも「新五合目」と呼ばれています。なんで、新五合目がふたつもあるんだよ、と突っ込みたくなります。あとから出来上がったので、「新」なのでしょうが、どっちが先にできたのかは知りませんが、それならややこしいから、どちらかが「新々五合目」にすればよかったのに、と思うのですが。

いずれの登山道も、最近の富士山ブームで、週末にはとくに混雑が激しいようです。とくに、7月からの山開きのあとは、五合目でクルマを止めて、そこから頂上を目指すハイカーが多いことから、7・8月の特に混雑する時期には、マイカーでの登山を禁止しています。

たとえば、富士スバルラインでは、今年、7月中旬の数日と、8月前半のマイカーでの登山を禁止し、この間は、シャトルバスを運行しました。

富士スカイラインの富士宮口からのルートと、ふじあざみラインも、今年、7月中旬から8月下旬まで、マイカー規制しています。富士スカイラインの場合、マイカー規制時には、御殿場区間にある水ヶ塚駐車場より登山バスおよび登山タクシーが新五合目まで運行されます。

また、これらの夏季のマイカー規制は、例年実施日が違うようなので、注意が必要です。

さらに、いずれの登山道も、冬季になると積雪が多くなるため、いずれの登山道も、11月の下旬から4月の下旬までは、登山道の起点を閉鎖し、クルマが入山できなくなるようにしています。

冬の間は空気が透き通って、眺めがよさそうで、この時期がみなさん、ほんとうは一番登りたいときなのでしょうが、場所が場所だけに仕方がないところです。

さて、自分でドライブがてら富士山に登ってこようかな、と考えていた方、ご参考にもなりましたでしょうか。もし、これを読んで、富士山まで行ってみようと思われる方は、あとは、地図をしっかり見くらべてみていただき、どのルートで行くか決めてください。

あ、そうそう、五合目は寒いですよ。8月下旬ともなれば、最高気温でも14~15度くらいのはずです。朝夕はもっと寒いでしょう。さらにこれが、10月、11月になると、0度近くにもなります。くれぐれも温かい恰好をしていってくださいね。風邪をひかないように、いってらっしゃーい。

 

こちらの紅葉もまた素敵!

2014-8097

修善寺ニュータウンには、この街に隣接して、「修禅寺自然公園」という公園があります。もちろん、その名のとおり、自然豊かな公園ではあるのですが、1haに約1,000本の紅葉の群生林があり、さらに隣にある「修禅寺虹の郷」の2000本には劣るものの、毎年多くの観光客を集める人気スポットです。

また、「自然公園」の名を戴いてはいますが、モミジ中心なので、「修善寺もみじ林」とも呼ばれています。

2014-7975

この 「修善寺もみじ林」では、例年モミジが綺麗な季節になると、麓の伊豆市観光協会の主催により、「修禅寺もみじ祭り」が開催され、地場産品を販売する露店が出店します。また、ここの紅葉に合わせて、麓の温泉街、虹の郷でも、例年もみじまつりが開催され、観光協会ではこの3つを合わせて、「修禅寺もみじ祭り」と称しています。

「修禅寺もみじ林」の今年の開催期間は以下のとおりです。

平成26年11月15日(土)~12月7日(日)

駐車場は、祭り開催期間中、隣接する駐車場が大型バス専用となるため、300mほど離れた修禅寺虹の郷の第二駐車場を利用します(無料)。

2014-8010

さて、このモミジ林の様子ですが、今年もやはり期待どおりの美しさです。

数の上では虹の郷にかないませんが、種類の異なるものが密集して生えているため、色合いが豊で、伊豆随一のもみじ群生地とも言われます。この園地を管理する伊豆市では、今年、さらにこれまで植栽されていなかった斜面にも新たに多数の紅葉を追加で植えており、さらに観光客に楽しんでもらおうという計画のようです。

これらの新しい植栽地では、一年目でもあり、まだ今年は紅葉を楽しめる、というほどではありませんが、来年以降、さらに既存の紅葉とも合わせて、さらにグレードアップした美しいもみじ林になっていくことでしょう。


2014-8046

筆者が訪れたのは、あいにく雨の日でしたが、実はモミジは雨に濡れたほうがしっとりと色合いが濃くなり、写真にとると濃い色になります。知っていましたか?このブログをご覧になってわかるとおりです。

無論、晴れた日には太陽光に鮮やかに映えたもみじをみることができますが、この修善寺もみじ林では、晴れた日にはさらに真正面にドーンとそびえる立派な富士山も見ることができます。

2014-7992

この修善寺もみじ林の一角には、夏目漱石の句碑もあります。漱石は、亡くなる5年ほど前の明治43年に、胃潰瘍のために、麓の修禅寺温泉街に転地療養に来ましたが、ここで800gにも及ぶ大吐血を起こし、生死の間を彷徨う危篤状態に陥りました。これが「修善寺の大患」と呼ばれる事件ですが、幸いその2か月後には回復し、東京へ帰りました。

この時の一時的な「死」を体験したことは、その後の作品に影響を与えることとなったといい、この碑はこのことを記念して建てられたものです。この句碑の説明板を読むと、漱石の修善寺での苦労した療養生活が偲ばれます。

2014-810812月になり、紅葉もそろそろ終わりに近づいていますが、修善寺もみじ林の紅葉も、まだまだ中旬ぐらいまでは楽しめるのではないでしょうか。ぜひ一度、みなさんもお越しください。