高原別荘地?

flw-4-4

暑い夏が続きます。

東京や名古屋では連日の猛暑日だそうで、日によっては39度にもなるようです。

では、ここ伊豆ではどうかというと、意外にも最高気温はそれほど高くもなく、最南端の下田などでも、35度以上になる日はあまりないようです。

これはなぜかといえば、伊豆半島沖を流れる黒潮の影響のためです。黒潮は暖流ですが、そもそも海水の流れですからその水温は夏季の一番高いときでも30℃どまりです。

周囲をすべて海で囲まれている伊豆はその影響を受け、かなり内陸に入ってもそれほど気温は上がりません。しかも緑が多く、これが気温を抑えてくれます。

ニュータウンについてもこれは同じです。しかし、標高200mほどの山の上にありますから、気温はさらに低く抑えられ、だいたい昼間なら下界よりは1~2℃低く、放射冷却が進む夜間には2~3℃、ときには4~5℃も低くなるときがあります。

従って、先日来、全国で猛暑日が続いた間も、ここでは35℃を超えることはまったくありませんでした。それでも日中の最高気温が34℃程度の日が長く続きましたが、とはいえ、他の大都市に比べればかなりしのぎやすいといえるでしょう。

逆に冬は寒いのでは、と思われるかもしれませんが、黒潮の影響を受けるのは冬季も同じであり、気温はあまり下がりません。筆者はここにきてから3度の冬を経験しましたが、気温が氷点下になるのは朝方だけで、それもせいぜいマイナス1~2度が限度です。

夏涼しく、冬も暖かい。一年中気温が安定している、というのが、ここニュータウンの気候の特徴です。

長く住んでいる方の中には、「修禅寺高原別荘地」に名前を変えてはどうか、という人もいるくらいです。

富士山がみえる、温泉は出る、夏は涼しく冬暖かい、といった特徴は大きな魅力です。ぜひ、こうした気候も参考にして、当地への移住を御検討ください。

コメントを残す